山野・史跡探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥多摩から秩父へ(奥多摩駅〜石尾根巻道利用で七ツ石山〜雲取山〜三峰神社)

<<   作成日時 : 2016/11/06 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

年月日: 2016年11月5日、6日

行程: 奥多摩駅着(22:43)〜奥多摩駅出発(22:55)〜石尾根縦走路登山口(23:40)〜三ノ木戸山近くで軽食休憩(01:05)〜六ッ石山分岐(02:10)〜将門馬場で巻道に入る(02:30)〜1620mピーク南の倉戸山・榧ノ木山分岐(03:22)〜鷹ノ巣山西の避難小屋(03:44)〜1704mピーク南の峰谷・赤指山分岐(04:35)〜七ッ石山(05:06)〜雲取山山頂(06:30)〜白岩岳(07:45)〜お清平(08:10)〜霧藻ヶ峰(09:07)〜三峰神社(10:09)〜バスで三峰口駅まで移動〜熊谷・大宮経由で14時台に帰宅

このところ週末の天気が好くないこともあって時間と金かけてどこかに出かけようという気が起きなかった。この週末は土日ともに好い天気が予報されている。降雪する前に標高の高い場所を歩く最後の機会となるかもしれない。

雲取山を経由して秩父と奥多摩を縦走してみたいと思うが、以下の個人的な事情で実行に移せずにいた。

@ 早朝の奥多摩方面は登山者で混雑する。 → うるさい連中が多くて通勤よりイライラする。
A 公共交通機関利用では日帰り困難 → 山小屋は嫌い。テントは寒く且つ不快。

夜に奥多摩に向かう登山者は少ないであろう。奥多摩は登山道の整備状態が良いので夜間に奥多摩駅から歩けば@もAも解決できるのではないか。そんなことをふと思いつき、奥多摩駅から最寄りの登山道を調べてみた。

奥多摩駅近くから七ッ石山に続く長大な尾根(通称、石尾根)にはいくつものピークがあって、これを忠実に辿ったら時間がかかるし体力を消耗する。幸い、この尾根には巻道が整備されている。夜間はどうせ景色が見えないのであるから巻道歩きの方が良い。巻道を利用して奥多摩駅から雲取山まで往復した方の記録(*1)を参考にさせていただいた。この方は健脚者と思われ、奥多摩駅から雲取山まで全長19.5q、標高総和1800m以上を6時間台で走破している。自分にはそのままあてはまらない。夜間でもたつく可能性を考慮して所要時間7.5時間を見込んだ。日の出に合わせて雲取山に到着するには前夜の23時前に奥多摩駅を出発する必要がある。

長時間行動する場合は登りで無理をしないことが肝要。発汗しやすい体質であり、激しい運動で過度に発熱すると悪い汗がダダ漏れ状態になる。地力があるから当日はなんとかなるとしても、数日後に抵抗力が落ちて扁桃腺が痛くなったり上唇にヘルペスができたりする。体に良いのはうっすらと汗が滲む程度であって、汗がしたたり落ちるのはオーバーペースなのである。気温の高い夏場は制御不可能だが、じっとしていると凍えるくらいの今の季節は登るペースと衣服でまめに体熱を調整できる。


帰りは秩父鉄道の三峰口駅まで歩ければ本望だが、三峰神社からの下りと舗装路歩きはきついであろう。翌日の仕事に影響が出ないよう、三峰神社からバスを利用することにする。最も早い便が10:30発。霧藻ヶ峰と三峰神社の区間以外は歩いた実績がある。着替えの時間込みで雲取山から三峰神社までの移動に4時間あれば十分。



後日、ウェブ記録を調べてみたところ、2016年6月にほぼ同じ時間帯・ルートで歩いた先行記録がありました。良く知られた場所ばかりなのでルートの詳述はしません。写真やルートの説明は他者記録を参照されたし。



画像



以下は参考情報

(*1) 「クライミングトーク」から雲取山-石尾根(日帰りで往復する)




本記録はこちらに転載しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

奥多摩から秩父へ(奥多摩駅〜石尾根巻道利用で七ツ石山〜雲取山〜三峰神社) 山野・史跡探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる