山野・史跡探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS 作原 〜 661.9mピーク 〜 近沢峠 〜 金原山 〜 唐沢GC 〜 田沼

<<   作成日時 : 2017/03/19 01:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

年月日: 2017年3月12日(日)

行程: 武蔵浦和駅(05:53)〜(埼京線)〜(06:05)大宮駅(06:12)〜(宇都宮線)〜(06:32)久喜(06:44)〜(東武伊勢崎線)〜(07:13)館林駅(07:15)〜(東武佐野線)〜(07:43)田沼駅 ・田沼駅前(08:05)〜(さーのって号野上線) 〜 (08:38)作原 〜 661.9mピーク 〜 近沢峠 〜 513.8 mピーク 〜 (14:40)金原山(14:50)〜六地蔵峠〜林山〜(15:45)325mピーク北鞍部で尾根離脱〜唐沢GC脱出(17:30)〜しまむら田沼町店〜(佐野合同タクシー、\1,000)〜(19:20)田沼駅(19:47)〜(20:16)館林駅(20:34)〜(21:03)久喜駅(21:20)〜(21:48)大宮駅(21:58)〜(22:09)武蔵浦和駅


何年か前、ネット上でおつきあいさせていただいている方々のHPやブログで金原山近隣の岩稜が話題になったことがあった(多くが閑馬岩峰群なる呼称を用いているようだが、地理的に完全に閑馬に属してはいないのでこの記録上では単に岩稜帯と称す。)。金原山という存在を意識したのはその時が初めてである。地形図で確認して、奈良部山の尾根の南端にあるらしいことは判ったが、岩稜に興味がなかったため訪問することはなかった。自家用車を持たない身になると新たなスタイルの山歩きの可能性が生じる反面、行動範囲が限られる。公共交通手段を利用して山歩きできそうな候補地としてこの地が浮上した。東武佐野線の田沼駅とバス路線を絡めて上手いこと尾根縦走できないものかと調べてみたところ、佐野市が運営する「さーのって号」・野上線が存在する。行きの便は毎日運行。帰りはオンデマンド運行で予約が必要とのこと。確実に予定時刻に下山できる保証はないから帰りは尾根末端まで縦走して田沼駅まで歩くしかあるまい。

では朝方どこで下車するのがよかろうか。栃久保で降りて近沢峠から南下するのが無難な距離だが、それでは済まない個人的な思いがある。14年前、作原から小戸川右岸尾根を辿って奈良部山・丸岩岳・熊鷹山・根元山・氷室山を巡り、山中一泊して大戸川左岸尾根を南下して岳ノ山から作原に下山した。林道に適切な駐車スペースが見つからなかったため、小戸川沿いの何にも使われていない小さな空き地に車を置いたのだが、そんな所にも所有者がいた。山に取り付く際にバカ犬が延々と吠えまくったものだから警察に通報され、車の持ち主は自殺に来たに違いないと大騒ぎになってしまったのであった。遭難騒ぎや自殺騒ぎが大好きな人だったのかもしれない。警察が自車ナンバーから自宅の電話番号を割り出して女房から携帯電話番号を聞いて自分に連絡したらしいのだが、あいにく携帯電話はバッテリーが切れて繋がらず。そんな騒ぎが起きていたとは露知らず、後味の悪い思いをした因縁の場所でもある。14年前の取り付きの仕切り直しとして作原の林道を出発地とする。近沢峠まで一山越す労と時間を要するも、14年前歩けなかった作原から延びる峠道を辿ってみたいという欲求が勝った。

一旦尾根に上がってしまえば時間の許す限り稜線を辿るだけ。細かなアップダウンが多くて標高総和が大きいものの、体力的に三床山まで行くことは可能だろう。時間的に余裕がなくて途中で下山することになっても10km 以上舗装路を歩くことはあるまい。前週、栗橋駅から利根川散策して羽生駅まで歩いて体力的に長距離歩行に支障がないことを確認済み。12日は高気圧に覆われて微風とのことであったので予定決行。予備知識として烏ヶ森の住人さんの記録で岩稜がどの辺りにあるのか大凡の見当をつけておいた。



標高350m辺り
画像



記録詳細はこちらに転載しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

作原 〜 661.9mピーク 〜 近沢峠 〜 金原山 〜 唐沢GC 〜 田沼 山野・史跡探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる