山野・史跡探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS 三沢左岸(上ッ原)尾根の途中まで

<<   作成日時 : 2017/06/05 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

年月日: 2017年6月4日(日)

行程: 三沢左岸側駐車地(04:18)〜未舗装林道終点・標高約1060m(05:25)〜標高1460m級小ピーク(06:40)〜1695mポイント(07:37)〜標高1860m付近で退却(08:20)〜1695mポイント復帰(08:56)〜未舗装林道終点復帰(11:00)〜未舗装林道を辿って三沢を渡渉し三沢右岸を下って帰着(12:28)

シロヤシオとヤマツツジを堪能

画像



画像



画像


ヤハズ〜2318mピーク(未舗装林道終点から)
画像



記録詳細へ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Yoshiさん ご無沙汰しております。
殆ど人の目に触れることがないであろう花々を愛でることができて、羨ましく思っております。
上ッ原はバブル全盛期に旧栗山村でゴルフ場だか娯楽施設だか作ろうかなどと机上の計画があったように記憶してます(私の思い違いかも知れません)が、自然が残されていているようで計画が文字通り泡と消えて良かったです。
野球親爺
2017/06/10 21:23
野球親爺さん こちらこそご無沙汰しております。
三沢に面した縁はエゾハルゼミの鳴声につつまれて爽快でした。標高1550mの尾根上であまり期待していなかった満開のシロヤシオにも出逢えました。雰囲気の良かったのは標高1600m辺りまでで、特に1695mポイント以上では不快な区間が続きます。シロヤシオ見るだけなら三沢右岸尾根の方が良さそうです。
確かに上ッ原に大規模なリゾート施設を造る計画があったようですね。上ッ原そのものは全域カラマツの植林地で既に自然林が失われているのですが、道路と施設を造っていたらさらに好からぬ結果をもたらしたかもしれません。帰りに見た未舗装林道の荒れ具合を見てそう思いました。
Yoshi
2017/06/11 01:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
三沢左岸(上ッ原)尾根の途中まで 山野・史跡探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる