元荒川散策その1

年月日: 2020年5月31日(日) 暑い季節に直射日光浴びると2km も歩かぬうちに汗ぐっしょりとなり体に悪い。天気の好い休日は出歩かないようにしている。日曜日は終日曇りの予報で気温もあまり上がらない見込みで、自身にとっては絶好のお出かけ日和。巣ごもりで蓄えた脂肪を落とすべく久々に秩父にでも行ってみようかと準備したのであるが、寝…
コメント:0

続きを読むread more

2020年の桜

年月日: 2020年4月5日(日) 4月29日記述。 3月末をもってめでたく定年を迎えた。元々怠惰で決して社交的ではないのだが、家族のおかげで自制して人並みの人生を送ってこれたのだと思う。若い時、ほんの少し運が悪かったら死んでいたかもしくは身体障害者になっていたであろう経験が何度かあって、今健常者として過ごしていられるのは儲…
コメント:0

続きを読むread more

ホームページコンテンツの整理作業進捗

年月日: 2020年4月11日(土) ホームページを立ち上げたのが2002年で、その後の技術革新による環境変化に追随すべく、遅ればせながら少しずつ改良を進めてきた(この経緯は2019-05-01の記事に記載。)。今後劇的な環境変化がない限り、令和初日から適用している最新のフォーマットで少なくともあと10年くらいは通用すると思う。新…
コメント:0

続きを読むread more

江戸川散策その2(東武野田線・川間駅 ~ 関宿閘門 ~ 東武日光線・幸手駅)

年月日: 2020年3月21日(土) 行程:  川間駅(08:57) - 幸手駅(15:10) 前回の歩行終了地点から再開。3週間経過して菜の花が満開で、もう菜摘の対象にはならない。 本日は晴天のはずだが、北の方角に黒っぽい煙が淀んでいる。渡良瀬遊水地があの方角にあるな(同日、ヨシ焼が行われていたことを確認…
コメント:0

続きを読むread more

江戸川散策その1(武蔵野線・三郷駅 ~ 東武野田線・川間駅)

年月日: 2020年3月1日(日) 行程:  武蔵野線・三郷駅(09:01)~ 東武野田線・川間駅(13:50 頃) ついに定年月を迎えた。残業規制を気にすることなく思いっきり仕事できるのも今月で終わりである。締め切りの迫っている仕事を片付けようと休日出勤するつもりであったのだが、目覚ましかけ忘れて寝坊。これから出かけても中…
コメント:0

続きを読むread more

2月の3連休

年月日: 2020年2月22日(土)~24日(月) 4月29日記述 この時期はすでにあちこちで新型コロナのクラスター感染が相次ぎ危機意識が増しつつあったが、まだ国内で死亡者が発生しておらず、外出自粛の雰囲気はなかった。3月末で定年を迎え4月の再雇用への切り換えの際に少し暇ができる見込みであったが、今年は暖冬であるので2月の3…
コメント:0

続きを読むread more

ナズナ採り

年月日: 2020年2月2日(日) 母の作る雑煮にはナズナが欠かせない。雑煮食べる季節ではないのだが、2月中に一度田舎に帰ろうと思っていて、ついでにナズナでも持っていってあげようかと思った。 アブラナ科のナズナは董が立つのが早い。いつ採取するのが良いのか知らないのだが、少しでも暖かくなると董が立つので今が最後の機会となろう。…
コメント:0

続きを読むread more

仏子駅 ~ 加治丘陵 ~ 阿須丘陵・七国峠 ~ 飯能駅

年月日: 2020年1月4日(土) 行程: 西武池袋線・仏子駅(09:55)~ 桜山展望台(10:40 - 10:53)~ 八幡神社(時刻不明)~ 金子神社(11:14)~ 緑のトラスト入口・八高線踏切(時刻不明)~ 安養山・長澤寺から旧上州道に入る(時刻不明)~ 139.8m三角点(12:03)~ 七国広場で折り返し(13:00)~…
コメント:0

続きを読むread more

運動兼ねて初詣

年月日: 2020年1月1日(水) 年末に赤羽から武蔵浦和まで歩いたりしてようやく体重を減らしつつあったのだが、どうしても田舎に戻るとエネルギー摂取が過多となる。元旦は朝食を抜き、昼食後に運動兼ねて近場に初詣にでかけた。 通常は川桁の3つの神社を回るだけであるが、穏やかな天候であり山に雪がないので、久しぶりに寺山公園に登って…
コメント:0

続きを読むread more

安房勝山 ~ 林道嶺岡中央線 ~ 安房鴨川

年月日: 2019年12月8日(日) 行程: 武蔵浦和駅(05:31)~ (06:19)西船橋駅(06:29)~(06:52)千葉駅(06:58)~(08:28)安房勝山 ~ 林道嶺岡中央3号線起点 ~ 黒石山勝善寺跡(09:16)~ 林道・伊予ヶ岳線分岐(10:54)~ 県道88号 ~ 林道嶺岡中央4号線起点(11:2…
コメント:0

続きを読むread more

桐生駅 ~ 吾妻山 ~ 金沢峠 ~ 名久木 ~ 桐生駅

年月日: 2019年11月17日(日) 行程: 桐生駅(7:53)~ 吾妻山(時刻不明) ~ 金沢峠(時刻不明)~ 大崩林道支線に降下(時刻不明)~ 名久木堰堤で昼食休憩(時刻不明)~ 山田川沿い県道を南下 ~ 桐生駅復帰(13:33) ケツを打撲してから4週間経過しようとしている。確実に良くなってきておりいずれ完治すると思…
コメント:0

続きを読むread more

散策:武蔵浦和 ~ 芝川調整池 ~ 東川口

年月日: 2019年11月10日(日) 行程: 武蔵浦和 ~ 六辻水辺公園 ~ 東京外環自動車道(国道298号) ~ 川口市 鶴ヶ丸八幡神社立ち寄り ~ 芝川左岸を北上 ~ 見沼通船堀 ~ 武蔵野線 ~ 芝川調整池 ~ 東川口駅 まだケツが完治せず。運動不足解消のため午後から散策に出発。これまで東京外環沿いに東に移動して新越…
コメント:0

続きを読むread more

荒川沿い散策(武蔵浦和 ~ 羽根倉橋 ~ 治水橋 ~ 指扇駅)

年月日: 2019年11月4日(月) 橋を渡らずに一貫して左岸沿いに上流に向かって歩いた。7月21日の散策の焼き直しみたいなもの。 10月12日の国土交通省のリアルタイムのデータでは治水橋近辺で決壊ぎりぎりまで水位が上昇したことを示していた。戸田市の美女木辺りも避難指示が出されていた。13日夜にジョギングして彩湖・道満グリー…
コメント:0

続きを読むread more

2019年秋季私的連休

年月日: 2019年10月19日(土)~23日(水) 初日: 10月19日(土) 12日から休暇を取得して5連休とする予定であったが、台風19号襲来が見込まれたため1週間後ろ倒し。それでもなお、毎週末天気が好くない悪循環から逃れることができず、雨の中、さいたまを出発。20日に晴れる予報の宮城県を目指す。目的地までずっと台…
コメント:0

続きを読むread more

2019年アユ釣りNo.2(最終釣行)

年月日: 2019年9月7日(土) 猛暑が過ぎてようやく低地でも車中泊可能となった。日曜日に今年2度目のアユ釣りに行こうとレンタカーを予約したのだが、台風15号の接近で日曜に釣りできない可能性が出てきた。いまからキャンセルしたらキャンセル料とられる。幸い予約した店の土曜日の車に空きがあったので、予定を一日前倒しして金曜の夜に出発。…
コメント:0

続きを読むread more

2019年夏季休暇

年月日:2019年8月12日~16日 梅雨明け以降連日クソ暑くて、毎日の通勤だけで精一杯。日中でかける気にはなれず、休日は夜に少し運動する以外は自宅でクーラーつけて引き籠り。10日(土)の昼間にJR で隣駅の百貨店にお土産買いに行っただけでグロッキー。遊びの予定がないものだからお盆のレンタカーの予約を忘れていて、気づいたときは格安…
コメント:0

続きを読むread more

荒川沿い散策(指扇駅 ~ 治水橋 ~ 羽根倉橋 ~ 武蔵浦和)

年月日: 2019年7月21日(日) 空が暗いが一日雨が降ることはなさそう。散髪した帰りに参議院選挙の投票を済ませ、埼京線で指扇駅に向かった。ここから西遊馬地区を経由して荒川河川敷に入り、治水橋を渡って右岸堤防を南下し、羽根倉橋を渡って自宅に戻るつもり。駅前のファミリマートでカレーパン1個、玄米ブラン1個、500mlの水一本購入し…
コメント:0

続きを読むread more

矢板のホタル観賞とアユ釣り(2019年No.1)

年月日: 2019年7月13日、14日 せっかくの3連休だ。木曜日の時点で土曜日(13日)が曇りの予報であったし、金曜の雨も那珂川の水位に影響なしと判断して2日間車を借りて今年初のアユ釣りにでかけた。結果は外道一匹で惨敗。烏山大橋から湯殿大橋まで条件の異なる4か所で試してみたが、アタリすらなかった。 石垢の状態が良くないわけ…
コメント:0

続きを読むread more

散策(赤羽~武蔵浦和)

年月日: 2019年7月6日(土) 本日は午後の数時間は雨が止む見込み。日曜日も天気が悪そうなので、雨が止んだ隙に体を動かすことにする。 気温は低めだがムシムシして少し歩いただけで汗ぐっしょりになるのは確実。汗ぐっしょりになって電車に乗る気にはなれないから、出発地点まで電車で移動して徒歩で自宅に戻る。退路が断たれて途中で棄権…
コメント:0

続きを読むread more

北小金・本土寺のアジサイ

年月日: 6月29日(土) 下記色付きの文章はアジサイとはなんの関係もないので読み飛ばしてくなんしょ。 就職してから一貫して血糖値が高いと言われ続け、加齢とともにHbA1Cも上昇して基準値を上回るようになり、糖がでていないのにも関わらず立派な糖尿病患者と認定されるに至った。我ご先祖様は飢餓に強く、相当ひもじい生活をして子孫を…

続きを読むread more